本家古都の宮標石

まえがき
 元祖と言うべきか、本家と言うべきか、京都には歴史的に当然ながら御料が多く、宮内省(庁)の管轄地として境界を示す標石も数多く残されている。
機会があって京では「黒谷さん」と呼ばれる法然上人縁りの金戒光明寺にある清和天皇火葬塚を訪れてみた。
平安神宮の北東にあって普段は観光コースからは外れた場所なのだが、今は「新選組発祥の地」として時ならぬスポットを浴びてはいる。
本堂から蓮池を経て、阿弥陀堂を越えるとすぐ清和天皇火葬塚に至る。
墓地内の一角ではあるが、宮内省(庁)の管轄地にして「宮」印の標石によって境界が明示されている。


55 STREET / 0574 W.S.R / STRAWBERRY7 / アレコレネット / モノショップ / ミツケルドット

inserted by FC2 system